自動車の事故は自身だけの事故と自分以外が関わった事故があります。

自分だけで起こした事故の場合は、あなたが事故対応をしてしまえば終わりますが他の人が巻き添えになった自動車での事故はどちら側にどのような不注意があったのかを確認して、その結果によって自動車の修理の費用や和解金の額かいくらのかなどが決まりますので、保険会社の担当の方と一緒の交渉が欠かせません。

大抵の自動車での事故の際自分だけでなく相手にもなんらかの過失があるケースが一般的でどちらかだけの責任であるという場面は少ないです。

もちろん信号無視や一時停止しなかったのような違反があって起こった事故ならかなり大きな間違いになりますが、被害を受けた人であっても落ち度があると判断されます。

車での事故の時にはどの人の責任が原因で起こったかという決着が物凄く重要にされますので、それを数値で示したのが過失割合なのです。

例をあげるなら、上記の信号無視や一時停止で止まらなかった事情であるならば法律のルール上相手側が全てのミスがあるように思いますがもしも事故の原因になった車が正面から来て自分の目で確認できた場合であれば被害者だったとしても注意が足りないとされ10%ほどの手落ちが指摘される可能性は0ではありません。

その条件では事故を起こした相手が9割事故に巻き込まれた人が1割過失の割合と決められ責任が大きな側に過失が問われる事になります。

もっといえば自動車での事故の過失の割合以前の判例を目安として決定することが大部分で、日弁連の交通事故相談センターから示されている過失割合認定基準表などが元として利用されます。

このような過失割合の、数値が大きければ落ち度、つまり損害賠償金も大きくなるので事故に関する交渉は本人達だけでなく車の保険の担当の人を交えちゃんと話すことが大切です。