自動車重量税、別称重量税という税金は国内メーカーの自動車あるいは外車など車の生産国や電気自動車、ワゴン車等自動車の形に例外なく例えば、レクサスやアルファ、などでも同様に負担が必要なものです。新車登録をする時、もしくは定期車検の際に納税が必要になるものになります。支払金額はその車の車重で定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく異なる税金なのできちんと理解をして混同しないようにしてください。「自動車重量税というものは車の重さによって」「自動車税という税金は排気量により」金額が変わります。買い取りする場合の対応も変わってきますので、注意が必要です。自動車の買い取りのときには支払った自動車の税金がどれだけ残っていたとしても、その税額が還付されることはないのですが、一方、自動車税でしたら、支払った金額を買取金額に足してくれるような場合があるものの、重量税については足されるようなことはほとんどないのです。重量税というのは、車を売るときに納めてある税金が残っていると言っても車専門店の方でそれが配慮される場合はまずないです。ですので次の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで売却を保留し売却をするのがベターです。車買取の際は還付の対象にならない重量税ですがある事例でしたら戻ってくることがあります。その時は、車検期間が残ったままの車を廃車にしてしまう場合です。要するに、廃車登録をすれば、残っている車検期間に応じて税金が戻ってきます。ただし中古車の引き取りの時はその自動車が廃車になるわけではないので返金されません。それから手放す車の名義変更をした際や盗難被害に遭ったケースなども返金してもらうことはできません。重量税が残っている車を買い取ることは、車検期間がまだあるクルマということと同じです。そういったことを買取店も忖度しますので自動車重量税が残っていれば売却額が増えるはずです。もちろん査定額は買取業者次第で異なりますが車検がまだある事実が忖度されれば、手放す自動車の査定額と比べるとそこまで損をするということもありません。